本文へスキップ

ミュージックイベント ROMANTIC TECHNOLOGY

201-05-08ロマテク17







 -DJ-


Dj Peah

1987年より活動を開始。
1992~1994年にはM-AGEのメンバーとして活動。
1994年にはソロアルバムDJ Peahをリリース。
M-AGE解散後もDJ活動と共に多くのアーティストとのコラボレーションでの活動も行う。
現在は元M-AGEのMIYOKENによるユニットu crack irigaruのサポートDJとしての活動や
CutemenのPicorin、04DDのLoveles、Candy Collectio、元マーガリンズのme-maと共にLove The Candy'sとして活動中。
Love The Candy'sは配信シングルのほか2017年にはアルバムCOLLECT IN MEをNekon Recordsよりリリース。

Dj Peah HP



Dual Core Electro (AE35+BAXIM)
AE35とBaximによるDJチーム。
ターンテーブルとボコーダーによるパフォーマンスは圧巻!

Anti Gravity Device

Tokyo Electro Beat Park



テクノミュージックを中心としたアッパーなプレイが好評なDJ
 
高円寺4thで定期開催されているイベントTechniqueをはじめとして、多くのイベントでDJを行っている。

DJ以外ではナゴムユニオンやJMOといったユニットでトラックメイキングやライブ出演も行ってきたほかソロでのライブ活動も行っている。

2018年1月にはRT TRAXよりリミックスも収録のシングル"NRTHND"を配信リリース予定。



 -LIVE-


本間本願寺

2009年、オランダのAdult Recordsから“Bamboo EP”でデビュー。リースに伴う自身初のワールドツアーを行う。

欧州、やシカゴのレーベルより多くの索引をアナログ盤や配信でリリース。
2014年にはグラスゴーで開催されたシカゴ・ハウス・パーティ、Dance Mania presents “Void x footwork party"のスペシャルゲストとして招待され、Houz'Mon, Jammin Geraldと三人で二度目の海外ツアーを行う。

2016年、三度目の海外ツアーでは自身初のライブセットを公開、デビューから現在までのトラックを駆使したパフォーマンスで喝采を浴びた。
その後も国内外の多くのパーティーでDJ活動を行っている。

自身のロックバンド“ビッグファイア”ではRobert Armani、ドイツよりBeroshimaことFrank MullerおよびHawkinsonらがリミックスで参加した“宇宙大元帥”や元祖アシッド・ハウス・ユニットPhutureで知られるDJ Spank SpankとLothario Lee、“キング”オブ・ヒップ・ハウスことFast Eddieらをリミキサーに迎えた4th EP“宇宙大元帥Ⅳ”をリリースしている。

beatport

BIGFIRE




Yebisu303

アシッドハウス、デトロイトテクノに強い感銘を受け、20台後半よりトラック制作を開始。

オーストラリアのElektrax Musicより数曲のRemixをリリースする他、2015年12月にはTokyo Electro Beat Parkより"Tetra Vaal EP"をリリースし、Dave ClarkeのPodcast "White Noise"にてプレイされる等、国内外からの好評を得る。

またハード機材愛好家としても知られておりKORGのアナログシンセサイザーmonologueのプリセットサウンドの制作やYouTubeへの機材演奏動画の投稿を行い高く評価されている。

YouTube






邂逅の日

映像ディレクターとしても活躍中のkizによるテクノユニット。

OMUS(Omoshiro Mash Up Style)と名付けられたボイスをトラックの中心にしたパーカッシヴなテクノサウンドで活動中。

"Family Ascension V3"、"Sushing Girl U Want"、"MIDINIZE 3"といったコンピレーションアルバムへの楽曲の提供やM3、イベントでの物販等でも作品をリリース。

Die(HONDALADY)とJaermulk Manhattanのアシッドハウスユニット アシッド田宮三四郎のライブサポートメンバーとしても活躍中。




ASTROID

テクノレーベル Fantas-Tech Records を主宰するテクノ超人。

ASTROID名義での活動の他、Sigh Societyの ハゼモトキヨシとのユニットSpace DesignerやThe Beat Looseとのテクノ超人タッグAstriker等でも活動中。

1996年4月に神戸で生まれたテクノレーベルSUBJECT RECORDSで活動後2013年からFantas-Tech Recordsの活動を開始。
Fantas-Tech Recordsは2016年末の時点で8タイトルが配信リリース中。

SPEEDKING Vol.5等の他レーベルのコンピレーションへの楽曲提供も行っている。





The Roman-Tech Brothers

ロマンテック惑星からやってきた銀河系テクノユニット。

2016年のROMANITC TECHNOLOGY 3周年パーティーで地球デ・ビュー。

2017年1月にはファーストミニアルバムEntrance Planet Roman-Tech(邦題:こんにちはロマンテック惑星)を地球先行でリリース。

2017年9月にはTransgalaxy Railroad(邦題:銀河横断鉄道)を地球のInternetを使用した配信でリリース。

ロマンテック惑星よりそれぞれKansai、Saitamaへ送り込まれたASTROIDとCrazyRomanticが地球のUchikomi-Technologyを利用して作るそのサウンドは地球の文明を模しブレイクビーツ、アシッド、シンセサウンドが詰め込まれている。

今回再びShinjukuにて地球の皆さんをオ・モ・テ・ナ・シ




CrazyRomantic

埼玉在住のワダマサオのソロテクノユニット。
90年代テクノをはじめとして多くのジャンルの音楽の影響を受けエレクトロニックミュージックを制作。

2013年よりライブ活動を開始し東京、埼玉のライブハウス、クラブ等でライブ活動中。

2016年にはNekon Rcordsの全国流通コンピレーションCD Hubに楽曲を提供。
2017年2月にはリミックス入りシングルCD Absolutely the sun risesをリリース。
11月にはファーストアルバムTime to Changeをリリース。

また、ミュージックイベントROMANTIC TECHNOLOGY通称ロマテクとROMANTIC TECHNOLOGY RECORDSを主宰。2016年には3周年を向かえた。

2016年よりFantas-Tech RecordsのASTROIDとのユニットThe Roman-Tech Brothersとしても活動を開始した。
CrazyRomantic Offical HP


”ロマテク ツイッター”では
最新情報をお知らせしています。
ぜひフォローお願いいたします。

@Roma-Tech3